三位一体の重要性 - 店長のカルマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三位一体の重要性

昨日まで久々(7年ぶり)に所用で東京へ行ってました。

やっぱり刺激を多々受ける街ですね。

色々な飲食店も回りましたがオシャレな店舗も多く

所感はどの店舗もコストがかかってるなぁ~です。



東京だからこそという店作りも多く、はたしてこのままのスタイルで

地方ではどういう結果になるだろうなぁという店舗も

いくつかあった。

一つ言えるのは大抵の店舗はコンサルの方にプロデュース

して頂いてるんだろうなって事。

まぁしかし東京はどこも激戦区なので店舗のデザインは

大きな要素なんでしょうね。



特にファザード(店舗入り口)



激戦区でお客様を誘引する為には、やはり店舗の顔 ”ファザード”

でいかにお店のコンセプトを出し魅力を伝えられるか?

ここが大きなキーポイントですね。



後、お客様という立場で店舗をいつも見るポイントは


以下にお店がクリーンな状態であるか?という所です。


窓ガラス・テーブル上下・装飾類・レジ周り・トイレ等々あるかと

思いますがいつも私が見るポイントは



エアコンフィルターです。



ここは毎日メンテナンスするものでもないし、やるときは時間もかかる。

ついつい後回しにしまいがちですがここが出来ている店舗は

本当にメンテナンスすることの意義が分かっている店舗。

多分ここが出来ている店舗は他の所も行き届いていることでしょう。

食事をしていてついつい汚い所に目がいった時は折角の美味しい

料理も半減してしまいますからね。

やっぱりメンテナンスは飲食店である限り必須ポイントですね。



でもこれだけはなく一番肝心な料理の味・見栄えの作品力、それとサービス力

そしてメンテナンス。



この三位一体がとても大切です。



マクドナルドがQSC(クオリティ・サービス・クリーン)

モスバーガーがHDC(ホスピタリティ・デリシャス・クレンリネス)

いずれもほぼ同じ意味合いですがこの三位一体を掲げています。



本当に美味しい商品を・最高のおもてなしで・気持ちいい空間で食事する。


お客様の立場ではこういう環境で食事もしたいし、逆に店サイドとしては

こういう環境を提供するのが責務です。


飲食店行かれた際にはこういう所もチェックしてみましょう!


スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 店長のカルマ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。