洞察力は店長として必須項目です - 店長のカルマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洞察力は店長として必須項目です

店長のスキルとして洞察力というものも必要です。



今後のマーケットの先見性は勿論、人に対しての先読みもし、

鋭く的確なアドバイスを送る。

そういうスキルも身に付けていかねばなりません。


今後流行るべきマーケットスタイルは情報弱者に

ならないよう普段からのありとあらゆる情報に

耳を傾けて行く事が必要。

この辺りは自身のずれのないマーケット意識で

改善していく事は可能ですが、難しいのは

対人関係の洞察力です。



まずは人に対して興味を湧くところからスタートです。



普段から

この人はどういう考えを持っているか?

この人はどういう行動を起こしているか?

この人は何に対して反応がいいか?



等々相手の背景を考えてみる事が必要です。


背景が見えてくれば次はこの人の行動パターンを

読み取ります。

相手の行動パターンが自分の思考と

マッチすれば洞察力の第一段階が済みます。



大事なのはここからです。

相手を見抜くだけでは何も変化も起こりません。



先入観を捨て良く観察し、相手が必要とする情報を

提供してあげる事が大切です。

時にはその人の行動過程を説明し、叱る・誉めるを交える

事も必要ですね。




洞察力を身に付けるために必要な事


① 先入観を捨て相手をよく見てまずは興味を湧く。

② 普段から相手の背景を考える。

③ 相手の行動と自分の思考をマッチングさせる




そして何より大切なのが最後の行動です。

対お客様でもそうですが相手が何をしてもらったら嬉しいか?

良く考えて行動する事が必要です。

単純な所ですが良く相手を観察してアクションを起こしていきましょう!


スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 店長のカルマ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。