価値の対価 - 店長のカルマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値の対価

飲食業界に勤めてもう26年になりますが今でも貫いている事は

現場主義という点。

やはり現場は面白いし、情報の宝の山でもあります。

時折、現場から離れて客観的に自店を見つめ直したり、

他店舗視察・研修・セミナー等も受けたりしますが

やはり現場が一番刺激を受けやすい環境にあります。



直接お客様の声も聞け、すぐに対策・改善がうてる。



この利点が現場主義を続けている理由となります。






最近飲食業界が元気なくなってきている。


飲食業界のリーディングカンパニーのマクドナルドさえ大苦戦に

陥っています。 (営業赤字は41年ぶりと聞きます)


でもひとつ言える事は飲食店が飽和状態の中でも繁盛し続けている店舗は

あるという事。




そして仕事というのは価値と価値の交換であるという事。



私たちの仕事はお金自体を貰うのではなく、商品・サービスの

対価としてお金を頂ける。


要はお金は価値と交換するものです。

その価値を徹底して磨きをかける事が必要です。


人は皆本当に欲しいものがあれば少々高くても買います。

どうしても欲しい物や・どうしても行きたい場所・しいてはどうしても

食べたい物。

そして買った時、その価値が見合ってたら納得もして頂けます。


お客様が思っていた以上のものであれば更に満足して頂けます。


高い付加価値 = お客様の満足度


に繋がってくるはずです。



ですから日々サービス力・商品力等の価値を磨き続けなくてはなりません。






スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 店長のカルマ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。