正しい評価 - 店長のカルマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい評価


アメリカの心理学者アブラハム・マズローの説いた、

「マズローの欲求段階説」は有名ですね。


「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、

人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです。



マズロー





① 生理的欲求   
      
       (生命維持のための食事・睡眠・排泄等の本能的・根源的な欲求)

                           
② 安全の欲求   
       
       (経済的安定性・良い健康状態の維持、事故防止、
             
                予測可能で秩序だった状態を得ようとする欲求)


③ 社会的欲求  
       
       (自分が社会に必要とされている、

                 果たせる社会的役割があるという感覚の欲求)


④ 尊敬欲求  
      

       (自分が集団から価値ある存在と認められ、
 
                       尊敬・尊重されることを求める欲求)


⑤ 自己実現の欲求   
       
        (自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化して
              
              自分がなりえるものにならなければならないという欲求)




人間は①~順に追っていき最後は⑤の欲求まで行き着きます。

職場においては③からが重要視になってきます。




③ ・・・ 集団生活(職場)においてスタッフに働く意図・意義をしっかりと
 
伝え自分の存在そのものが社会の一員となっており、社会的責任と

やるべき道標(目標)をしっかりと伝えてあげる事が必要です。 


④ ・・・  仕事に慣れ、やるべき実務量が増えてくれば誰しも人から評価

されたいと感じてきます。


ここが大きなポイントで
   

『 しっかりと正しい評価をしてあげる 』


という事が必要です。

いくら自分の事見てくれていると言ってもやはり人は言葉で評価されたいものです。

言葉で評されて、そこで自分のモチベーションやスキルが上がり⑤の欲求へと

上がっていくようになります。

ここの評価あるない、もしくは曖昧になると上記の反対の行動が起こり、お店に

とって大きな損失や、戦力ダウンになってきます。


ですから一人一人個別に正しい評価を定期的にすることが必要です。


お店でここまで教育・指導出来れば後は⑤の責任感・自主性を持ったスタッフが

育っていきます。


個のスキルが上がる事により更に強い集団へと生まれ変わります。


最後にこのマズローの法則であてはめて言うと


尊敬欲求に対して正しく評価する事で、人のスキル・モチベーションが上がり

自主性・責任感も大きく変わり、強い集団になるという事です。





スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 店長のカルマ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。